東京都・埼玉県排出量取引制度における目標達成支援について

東京都・埼玉県の
排出量取引対象事業者様へ
最小限のコスト負担で
削減目標達成できるよう
ご支援しております

icon01.svg

省エネ設備導入による
CO2削減

icon02.svg

初期費用ゼロの太陽光で
CO2と電気代を同時に削減

icon03.svg

手間を省きコストを抑えた
クレジット取引

Waaraはメーカーや設備設置事業者とは異なる第三者の立場から、CO2削減単価をいかに最小化するという視点に立ち、事業者様にとって最適な排出削減方針のご提案と削減手法の導入支援を行っております。

Waaraの考える削減目標
実現へのアプローチ

費用対効果の高い手法から
実践していく

削減方法 コスト効率
省エネ設備の導入 ★★★
太陽光PPA導入 ★★★
超過削減量クレジット ★★
再エネ電力メニューへの切り替え

省エネ設備の導入

空調・照明・熱源設備など、省エネ設備の導入・交換は削減単価という点では非常に費用対効果が高い手段で、補助金も有効活用することでさらに投資回収期間を短縮化することも可能です。メーカーから独立した客観的な立場で改善点を洗い出し、費用対効果の高い省エネプランをご提案します。

diagram01.svg

太陽光PPA導入

発電事業者と電気購入契約を結ぶ「PPA(Power Purchase Agreement)モデル」の導入支援サービスも提供しています。自社施設の屋根上などに初期費用ゼロで太陽光発電設備を設置し、発電された電力を長期間購入する契約をPPA事業者と結びます。太陽光で発電された電力を自家消費し、不足分のみを電力会社から購入するので、CO2排出の削減効果だけではなく、電気代の削減にもつながります。

屋根上などを活用したオンサイトPPA

diagram02.svg

都外PPA

今後東京都で補助金事業が予定されている、遠隔の発電施設から電力を供給する「都外PPA」についての導入もご支援いたします。

diagram03.svg PPAモデルについて詳しくはこちら

超過削減量クレジット

クレジット取引の契約サポートやコスト負担の少ないクレジット調達など、業務負担とコスト負担が最小限となるようなクレジット取引をご支援します。 当社ネットワークで調達した超過削減量クレジットを多数保有しておりますので、電力メニューの切り替えや再エネクレジットの購入と比較して削減単価が抑えられるクレジット取引をご提案します。また、第2計画期調整分だけでなく、第3計画期分の超過見込み分もまとめて調達することで、さらなるコスト低減のご提案も可能です。

diagram04.svg

お申し込み、その他ご質問などは
メールフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ
pagetop