コスト効率の高いPPAモデルの導入支援について

再エネ電力調達手段として
最も高い費用対効果が望める
PPAモデルの導入
アドバイザリーサービスを
提供しています

PPA(Power Purchase Agreement)とは

PPAとは「Power Purchase Agreement(電力販売契約)」の略で、発電事業者と需要家(電力利用者)の間で直接電力販売の契約を結ぶモデルです。PPAモデルは低炭素電力メニューへの切り替えや電力証書購入に比較してコスト効率が高いことから、世界的に再エネ電力調達手段として導入が増えています。PPAモデルは自社の保有地に設置するオンサイト型と電力利用場所と離れた場所に設置して送電網を通して供給するオフサイト型に大別されます。

PPAの基本モデル

diagram01.svg

地域ごとのPPA稼働量推移

diagram02.svg

出典:Bloomberg NEF

発電設備の設置場所

オンサイト型

diagram03.svg

自社施設内の屋根上や
遊休地などに設置

オフサイト型

diagram04.svg

自社施設外の発電所から
送電網を通して供給

WaaraのPPA導入支援
サービスとは

当社は機器メーカーや施工業者の立場ではなく、第三者視点に立つことで顧客にとって最適で確実なPPA導入を実現させるアドバイザリーサービスを提供しています。
PPAは長期契約になるため、PPA契約終了後も視野に入れた長期間に渡ってのリスクヘッジがとても重要になります。また、昨今は発電だけでなく、農業や酪農などと土地を共有するソーラーシェアリングと呼ばれる土地活用の重要性も高まり、発電所の周辺環境への負荷を考慮したサスティナビリティ視点も必要になります。当社は様々な観点から顧客にとって最適なPPAモデルの戦略と事業者選定の支援を行います。

電気代を削減したい

自社の施設に太陽光パネルなどを設置して自家消費することで、電気代を抑えます。また、PPA導入によるCO2の排出削減量を環境価値として収益化する支援も可能ですので、よりコスト削減効果が高いPPA導入が実現可能です。

オンサイト型

diagram05.svg

最小限のコスト負担で
再エネ比率をさらに高めたい

自社で再エネ発電設備を設置する場所がなかったり、既に設置済みの場合でも、自社施設外の発電所との購入契約を結ぶオフサイト型の自己託送PPAモデルの導入を支援します。オフサイト型の場合、託送料やインバランスコスト(需給調整コスト)分がコスト増となりますが、自己託送分は再エネ賦課金の回避が可能であるため、ある程度規模の大きい発電設備の導入においては、非常に費用対効果が高い手法となります。

オフサイト型

diagram06.svg

海外拠点での
再エネ比率を高めたい

海外の営業所や工場でのPPA導入も支援いたします。日本より電力自由化が進んでいる地域では、電力供給が伴わず環境価値だけ調達するバーチャルオフサイトPPAなど、よりコスト負担の少ない先進的なPPA手法の導入も支援します。

オフサイト型(バーチャル)

diagram07.svg

お申し込み、その他ご質問などは
メールフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ
pagetop