Information

ニュースリリース

J-クレジット・プロバイダーとして登録認定されました

日本政府が宣言する2050年に向けたカーボンニュートラル実現のために、各企業においてもカーボンニュートラル化への取り組みが始まっています。カーボンニュートラルとは、温室効果ガスの排出量を「全体としてゼロにする」ことです。排出量自体はゼロにはできないのですが、排出した同量を吸収や除去することにより、温室効果ガスの量が増えていないという状態のことを言います。カーボンニュートラルに向けて、自社でどうしても削減や吸収できない排出量については、他者の削減・吸収量をクレジットとして購入して相殺する「カーボン・オフセット」という手法が活用できます。

当社は、J-クレジット制度における排出削減・吸収量の創出や活用を支援するJ-クレジット・プロバイダーとして登録認定されました。買い手にとって最適なJ-クレジットの調達や新たなJ-クレジット創出のための支援など、J-クレジットを活用したカーボン・オフセットによって、脱炭素経営やカーボンニュートラル実現に向けて一層貢献してまいります。

J-クレジット・プロバイダー参加者一覧

 

【J-クレジットとは】
省エネ・再エネ設備の導入や森林管理等のプロジェクトによって削減・吸収量されたCO2などの温室効果ガスを国が認証し、売買可能なクレジットとして流通させる制度です。J-クレジットを購入することで、購入量に相当する温室効果ガスの削減や再生可能エネルギー電力の導入の実績とみなすことができます。

 

J-クレジット概要

お申し込み、その他ご質問などは
メールフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ
pagetop