カーボン・オフセットとは

カーボン・オフセットとは、努力を行っても削減が難しい温室効果ガス排出量を、他の場所での排出削減量・吸収量をクレジットの形で購入することで、埋め合わせることを指します。

経済合理性の高い仕組み

日本や欧米といった先進国では既に効率的な機材の導入が進んでいるため、CO2排出量の大幅な削減のためには、設備投資や業務フローの見直しなど、多大な資金や時間が必要となります。
また、CO2排出量の削減を行っても、企業活動を行う限り、完全に排出量をゼロにすることはできません。

そこで、自分が排出量を減らしたうえで、どうしても削減できない排出量に対しては、他の場所でのCO2削減に技術や資金等を支援し、その削減量をクレジットという形に定量化し、提供した技術や資金の対価として得られる、カーボン・オフセットという仕組みが生まれました。

企業はカーボン・オフセットの仕組みを活用することで、途上国等、CO2削減が効率的に実施できる地域のプロジェクトに対して一部資金や技術を提供することで、自社で投資等を行うよりも経済合理性が高く、また定量的に温室効果ガス削減の取り組みを対外的にアピールすることが可能となります。

弊社では単にCO2の埋め合わせだけでなく、ターゲットとする投資家やクライアント、ターゲットとする消費者マーケットでの評価を考慮して、最適な提案を実施致します。

お申し込み、その他ご質問などは
メールフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ
pagetop